本文へスキップ

創立71年目を迎え、三鷹市と共に子どもの成長を見守ります。

電話でのお問い合わせはTEL.0422-43-0806

〒181-0002 東京都三鷹市牟礼6-11-33





園だよりFROM kindergarten

令和3年9月1日        園長 齊藤 昌子

 長い夏休みが終わって、いよいよ二学期が始まります。
 「はやく幼稚園に来たかったんだ」と目を輝かせて登園してくる園児さん達を迎え、担任は勿論、全職員一同こんな嬉しい一瞬はありません。どのお顔も逞しく引き締まっていますね。
 例年であれば、海や山へと行った夏休みの思い出を語らう場面も多い一日であったかと思いますが、コロナ禍の現状では夏休みはお家で過ごされた時間が長かったことと思います。しかし「子どもは遊びの天才」です。
 大人が窮屈に感じている中でも、全力で遊びを見つけては楽しむことができます。そんな子どもたちの天才っぷりに負けてはいられないと私達職員も、必ずより良い方策がある筈と二学期の楽しい行事を園児さんの目線に合わせて計画しています。お楽しみに!
 当園でも手洗い、うがい、マスクの徹底をお願いしていますが、引き続きご家庭でのご協力をお願いいたします。全員でこの山を乗り越えることといたしましょう。




令和3年7月1日        園長 齊藤 昌子

 幼児教育の目標は、勿論園児達が自立できるよう補助することです。
 園では年児に合わせて、ものの考え方、言葉の使い方、手足の動きなどを遊びながら身につくよう心がけています。三歳くらいになれば、ゆっくり手順をつけて教えれば、自分でボタンの留め外しができるようになります。
はじめは時間もかかり不器用ですが、ゆっくり見守ってあげてください。
 朝登園してくる園児さんのカバンをお母様が持ってきて下さる方がいらっしゃると思いますが、お家を出るところから自分の荷物は自分で持つことをお子様とお約束してみてください。
 自立心を育てる良い機会ですので、お母様はカバン持ちになってはいけません。知識は一夜でも覚えますが、良い習慣は一夜では身につきません。
 毎日の繰り返しですから、大人がつい手をだしてしまってはもったいない時間になります。
 無意識のうちに可愛い我が子のためと思って手を出すのではなく、根気強く「可愛い子には旅をさせ」てみましょう。



令和3年6月1日        園長 齊藤 昌子

 ご縁あって 2 月の梅の花いっぱいに咲く他の幼稚園から貰われて来たウサギの「梅ちゃん」が牟礼幼稚園のメンバーになって 3 ヶ月経ちました。

710g だった体重が 1600g と倍以上になり、人間で言えば中学生になったところだそうです。その為か毎日元気そのもので、サークル内をぐるぐるとうさぎ跳びで走ったり、時には 50cm もあるサークルをピョーンと飛び越えたりしますので油断ができません。

 月曜出勤の梅ちゃんは、園児さんたちの人気者で園児さんたちの可愛いお手手からおやつを貰うのが大好きです。
 「あ、食べてくれた」「これも食べて」とお当番の園児さんがおやつを食べさせます。動物は、餌やりが基本なので食べる方も食べさせる方も瞬間的に信頼関係が築けて仲良くなりますね。

 目下東京では、コロナ禍で動物園も水族館も閉館しているので、子供たちは本物の動物に触れる機会が極端に少なくなっている現状ですが、そこをこの「梅ちゃん」がしっかりと補ってくれていると思います。園児さんからはまるでアイドルのような人気者で大活躍しています。



令和3年5月1日        園長 齊藤 昌子

 4 月入園の日から早一か月が過ぎようとしています。園児さんたちは毎日張り切って登園し、早くも初めての社会生活に馴染んでいる人もたくさんいます。
 園では先生方もふんだんに誉め言葉を使い一人一人に声掛けしていますので、彼方此方で面白い場面が生じています。

「A 子ちゃん、お帰りのお支度が早く出来ましたね。カッコいいー!」

という先生の声に、

「先生、カッコいいーじゃなくて、カワイイでしょ?」と反論しました。

周りの人たちも納得顔で気持ち応援しています。先生も思わず言い直し、

「う〜〜ん。そうだね、A 子ちゃんカワイイね!」

ご当人は大満足でスカートをヒラッとさせて走り去りました。
 「Kawaii (カワイイ)」という言葉は、"21 世紀に入って世界に最も広まった日本語" と言われるほど世界各国で共通語として使われているそうですね。日常の誉め言葉での「カッコいい」も最近思えたばかりの私には日本語の変容の速さに驚かされますが、子どもさん達は敏感に言葉の持つニュアンスを読んで、その上を行っています。
 毎日、何かしらの不思議発見を体験しながらの日々を、普通に過ごせる有難さをしみじみ感じつつ、幸せを謳歌しております。



令和3年4月1日        園長 齊藤 昌子

 うららかな春の日差しが心地よいこのごろ、ご入園、ご進級誠におめでとうございます。園児さんたちは真新しい名札を付け、ニコニコと誇らしげに登園してきました。お父様お母様方もさぞこの日を、首を長くしてお待ちになっていらっしゃったことでしょう。
 保護者の皆様には御子様にぜひ、

 「今日は一日、幼稚園に行けてえらかったね」

と褒めてあげてください。ご両親からの褒め言葉は、何よりもの成長のエネルギーとなります。
 幼稚園でも先生方は園児さんの一歩一歩の成長を、目敏く見つけては「すごいね」「がんばったね」と声を掛けていくものですから、御子さんは「今日はいい日だなあ」と思うでしょう。
 勿論、このエネルギーは明日に続きますので、一層張り切って幼稚園に向かうことでしょう。
 こんな日を毎日繰り返す人とそうでない人の成長幅を考えればいうまでもありません。さあ、お父様お母様もやることいっぱいですね。
 お互いにやる気を起こす日となるか。
やり方次第だと思われませんか?私たちは日々忘れっぽいものですから、時々はその当たり前のことを繰り返しおさらいする必要があります。
今年一年、どうぞよろしくご協力くださいませ。



過去の園長だより






information

むれようちえん

〒181-0002
東京都三鷹市牟礼6-11-33
TEL.0422-43-0806
FAX.0422-43-1615