本文へスキップ

創立69年目を迎え、三鷹市と共に子どもの成長を見守ります。

電話でのお問い合わせはTEL.0422-43-0806

〒181-0002 東京都三鷹市牟礼6-11-33

園だよりFROM Director

令和元年10月2日        園長 齊藤 昌子

 今年の 9 月は大変な天候不順でしたので、例年のように全体で練習をすることが少なかった印象があります。
 そんな中で迎えた体育参観日でしたがお蔭様で高山小学校の広々とした体育館では、園児さんたちの伸び伸びした演技をみせてもらうことができました。
 牟礼幼稚園では、毎年 6 月の終わりから、ハダシ保育をして足の裏を鍛えておりますので、みんな跣 (はだし) が大好きなんです。
 競技一つ一つも大切ですが、幼児にとって跣の感触は足の裏の発達にとって重要な意味を持つと言われていますので、幼稚園のホールの感触と磨き上げられた体育館の床の感触とを体験できて幸せだったと思います。
 そして、お父様お母様はじめ、お祖父様お祖母様や、ご家族の皆様に見ていただいて、大満足です。
 更に特筆すべきは、ご家族の方々の大活躍ぶりでした。色々な競技にご参加下さり、障害物競争では、「昔取った杵柄 (きねづか)」ぶりも沢山みせていただき、ありがとうございました。一同大爆笑の活躍場面も多くて楽しい一日になりました。
 心配された雨も影響なく、全てが予定通りに進み本当に感謝の外ありませんでした。この後、いよいよ 2 学期も中盤に向かいます。


令和元年9月2日        園長 齊藤 昌子

 暑かった令和最初の夏休みと夏期保育が終わって、いよいよ 2 学期が始まりますね。気持ちを大らかに豊かな心で園生活を送りたいものです。
 牟礼幼稚園で最も力を入れていることは、何でも繰り返し繰り返しやってみることです。毎日ちょっとずつですが、何回もやっています。
 そのために園児さんたちは「昨日よりも今日」「今日よりも明日」と少しずつ進歩していくのが分かります。
そして大切なことは誰よりも本人が最もその気になって、ちょっとずつでもやってみようとしています。

 朝起きたらお父さんお母さんに「おはようございます」
 ご飯を食べる前「いただきます」
 出かける時に「行ってまいります」
 帰ったら「ただいま」
 寝る前には「おやすみなさい」

 友達に対しても同じようにこんな挨拶ができると素敵ですね。
69 年前に牟礼幼稚園が創立した動機もこの一点でした。
「子ども達を健全に育てたい」と願う親心です。

 昭和、平成を通して一貫して持ち続けたこの願いを、令和の年も変わらぬ心を以て、お子様たちの成長を見守る日々を続けたいと思っています。

令和元年7月1日        園長 齊藤 昌子

 見て見てと 児らの出す手に 蝸牛

 上の俳句は、故園主 原 篤子 先生の遺作です。
百歳を超えても尚、幼稚園が大好きで車椅子を駆使して来園し、子ども達と遊ぶ姿が今も思い出されます。

 毎週水曜日には昔話の数々を淀みなくお話してくださいました。

「どうやって覚えていらっしゃるのですか?」

と職員の一人が訪ねました。すると、

「前の日に必ず一回、御本を読んで確かめます。例え良く知っている『かちかち山』でも最近はタヌキとウサギがどちらが悪者になっているか変わってきているのでね」
「そういえば昔は、タヌキは泥船で海に沈んでしまうだけでしたが、最近は『ゴメンナサイ』『もうしません』と謝ってめでたしめでたしになるんですね」

と笑い話になりました。

 「牟礼の子どもたちに正しい躾を付けてあげたい」という園主先生の思いをこれからも、ずーっと続けていきたいと思います。



 令和元年6月3日       副園長 石和 佳代

 4 月に入園された新入園児さんにとって最大のイベントは春の遠足です。そのため、ピアノの曲に合わせて歩く練習を毎日の様にしてきました。お友達の後について歩くという単純なことですが、これがなかなか難しくて漸く一か月経った頃に春の遠足を迎えます。一か月間の成果が発揮される場所なのです。

 今年も例によって年長組のまつ組さんが年少組のうめ組さんの手を繋いでエスコートしました。
 立派に歩けるようになった次の段階では、泣く人が出ないかな? お母様と離れるのが嫌で入場できない人は何人?
 そんな杞憂は全く無用でした。誰一人泣かないのです。
体調不良の連絡は?
 各クラス「いませーん」
大体、開闢以来、全クラスでお休みもなく、泣く人もいないなんて初めてではないでしょうか?
 雲一つない晴天で、心も体も晴れ晴れとオール天気印のまま、入場しました。気温もぐんぐん上がる中、バラ園を通り、林の中の小道を縫って進みます。途中小川がありますが、涼しくてほっとする場所です。夫婦のカップルガモがいることを確かめました。その間も年長さんは、責任を持って年少さんの手をしっかり握ったまま離しませんでした。
 今年は羽切写真屋さんも一緒ですから要所要所で珍しいポーズの写真も多々あるようです。
 帰り道、一人が「楽しかった!また明日も遠足がいいな」と言うと、「明日も遠足がいい!」「遠足がいい!」の大合唱にみんなで思わす大笑いでした。遠足大好き園児さんが次々と誕生した一日でした。



令和元年5月7日       副園長 石和 佳代

 新緑の輝く季節となりました。

 例年、朝の登園時には親離れ、子離れの儀式ともいうべき、涙のドラマが繰り広げられるものですが、今年度の新入園児さんたちの何と潔いことでしょう。入園式後、二、三日は「ママがいいッ!」と泣いていた人が、一週間後にはそれもなく、それぞれのクラスからはかわいい歌声や笑い声が聞こえてきます。
 朝のお集まりでは、いつの間にか新うめ組さんも元気よく歌えるようになってきました。
 このことは偏にご家庭のご理解とご協力が大きいと感謝しております。保護者の皆様が幼稚園の決め事をお守りくださって、小さなお子さんと牟礼幼稚園へ歩く道のりを大切にされている様子は、必ず「健脚」に繋がります。
 そして玄関を出て、ご近所の方に「おはようございます」の挨拶やコミュニケーションを取ることによって、その地域や社会のお役に立てていることでしょう。
 また、年長年中組に進級したお友達は、年少さんのお手伝いをわくわくして行っています。
保育者は期待に満ちて毎日幼稚園に通ってくださるこの子たちが誰からも愛される子になってもらうために毎日、一層の工夫を凝らしています。

 新しい令和の時代が楽しみですね。


 

平成31年4月5日       園長 齊藤 昌子

 桜の開花が例年より少し早かったようですが、春を待つ日本人の心の隅々にまで桜の花が入り込んでいますね。桜といえば日本。やはり好きなんですね。
 江戸時代の先人の知恵が時空を越えて現代人の心を動かしています。
 そして「染井吉野桜」の宿命として、その役を終え新しい病気にも強い苗木の植え替えも進んでいる地区も多数あるときき、素晴らしいことだと感じています。
 4 月は私たち保育の世界でも小さな苗木に例えると同じことが言えますが、園児さんたちに愛情と工夫を注ぎ手厚く育成して、人としての基礎となるべきことをどれだけ身につけさせてあげられるのか、決意を新たにする日でもあります。初めて幼稚園に入園した皆様にはどうぞゆっくりと。
 2 年目、3 年目、4 年目の方々は初めての時と同じように更にゆっくりと幼稚園の行事に乗ってきていただけたらと思います。この繰り返しが、やがて根を張り病気や痛風にも負けない良い習慣と躾が整うことと思います。
 会津藩の子育てに関する教訓に、

 「うそをついてはなりませぬ」
 「弱いものをいじめてはなりませぬ」
 「親のいうことはきかねばなりませぬ」

とありますが、当園ではこの教えを取り入れて園児さんと共に守っています。
 「『親』ってなあに?」と誰かが呟くと、
 「『親』ってお父さんとお母さんのことだよ」と年長さん達による会話が聞こえる季節でもあります。
 保護者の方におかれましては、どうぞご協力お願い申し上げ、今年一年の成果を積み上げて参りたいと願っております。



過去の園長だより


information

むれようちえん

〒181-0002
東京都三鷹市牟礼6-11-33
TEL.0422-43-0806
FAX.0422-43-1615